Private teacherロゴ

子どもと一緒に自分も成長する・・家庭教師の魅力とは

家庭教師は学校や塾に比べて、子どもとより密接した形でのマンツーマンで勉強を教えてあげることのできる職業です。
子どもの家庭で教えてあげることでよりリラックスした状態で学習できるというメリットがあり、普段の生活の中で学習するクセをつける意味でも最適です。
時には細かく学習の要点を教え、また時には休憩タイムと称し、普段学校であったこと、趣味や特技の話などを楽しくトークし、メリハリをつけつつも「良きお兄さん、お姉さん」と楽しい時間を過ごしていると思わせるメリットがあります。
また、教える側としても1人の子を集中的に教えることでその子に何が足りないのかはっきり傾向がわかる事が多いので、じっくりと、成績を上げるために何をすべきか考えることができますし、いろいろと工夫をこらして子どもに教えることで、別の子どもを教える時に「経験値」として次に生かせるというメリットもあります。
そういった意味では子どもの学力的成長を手にとるように確かめられると同時に、家庭教師として教える側も知らず知らずのうちに教える、という経験値が上がっているという相互の成長が認められるという訳です。
「子どもと一緒に成長できる」。
家庭教師という職業はほんのわずかな時間でも素晴らしい体験ができる職業と言えます。

家庭教師は「先生」でない!

家庭教師の必要な人とは、「学力を伸ばしたい」と一心でいる人です。
さらにその中でも、「家で勉強出来る」「1対1で勉強がしたい」「移動に時間がかかるのはNG」と考えている人です。
教師となる人は受ける側と同様に多くが現役の学生で、「先生」というより、「付近に住む勉強を見てくれるお兄さん、お姉さん」という感覚に近いです。
年が近いと安心感があり、さらに歩み寄った勉強ができるのは、「勉学を強いる」という感覚、つまり「やらされている感」をなくせることとなり、受ける本人も「自ら学ぶ」というスタンスにつながっていきます。
「学力を伸ばしたい」と感じているならば「自ら学ぶ」というスタンスの方がいいのは当然です。
さらに、家庭教師は1対1で教えることで、受ける側の予定変更に合わせることが容易になっています。
学校外での活動というのは頻繁に予定が狂うことがあります。
そういった状況では「カリキュラムに生徒が合わせる」よりも「生徒にカリキュラムが合わせる」方が、1歩1歩確実に、抜けるとこなく勉強をできます。
出来てないところがある状況で次へ進むのは、勉強へのモチベーションを下げる大きな要因です。
常に高いモチベーションを維持しながら勉強するには、家庭教師という選択は優れています。

Valuable information

外壁塗装 千葉

医療用ウィッグの試着について問い合わせる

猫がご飯を食べない理由を調べる

2018/4/27 更新

『家庭教師』 最新ツイート

@yu_site

わかる〜!! 家庭教師私やってたときは、 ✔️おやつのことしか頭にない ✔️晩御飯もごちそうになってた(私実家住まいなのに) ✔️勉強以外の話に盛り上がりすぎて2時間オーバー(もちろん時給は発生しない) ✔️イケメン生徒に巡り会… https://t.co/Fd2T02IGZR

45秒前 - 2018年05月24日


@atsushi_study

狩屋には家庭教師でもついてるのか?学校では勉強してないのに点数いいよな。

2分前 - 2018年05月24日


@cocco622184

宇霖の6歳差っていいなぁ。柏宇が中3の時に霖霖は大学3年だもんなぁ。 『なぁ…勉強以外の事も俺が教えてやろうか…?』 って家庭教師の綺麗な孟霖先生が悪戯な眼差しで見つめるから、 15歳の柏宇はもう夢中になっちゃう。 #施柏宇… https://t.co/D4Lg9yZuLw

2分前 - 2018年05月24日


▲トップへ