Private teacherロゴ

『家庭教師 個人契約』 最新ツイート

個人契約で家庭教師を始める方法

個人契約で家庭教師を始めるとは、一般的な教師のバイトとは違い中間マージンがかからないといった特徴があります。
中間マージンがかからないということは、指導を受ける側も月謝が安くになります。
では、どのようにして家庭教師になるかですが、個人契約の方法を支援しているサイトに登録することが一番早いです。
登録内容は時給や指導場所、指導可能科目や指導可能な学年、指導地域などを入力します。
この時に最終学歴を入力することになりますが、学歴が偏差値の高い大学であるほど、時給も高くなる傾向にあります。
登録後は、ご家庭からのスカウトを待つケースと自分から応募するケースの2択となります。
そして、メールなどで事前に相談した後、実際にご家庭に行き、面談を受けることになり、双方の要望や条件に納得したら契約となります。
なお、個人契約の家庭教師に登録する条件は専門学校や短大以上であれば問題ありません。
ですが、指導する科目に関連した資格などを取得していた方が望ましいです。

家庭教師を個人契約で見つける方法もある

自分の子供が受験生になると、頑張って合格して欲しいと思うとともに、できる限りのことをして子供の勉強のサポートをしたくなるものです。
特に、塾へ行かせる、家庭教師を雇うなどはその代表例といえるでしょう。
その家庭教師ですが、依頼の仕方には大きく二つあります。
一つが、家庭教師派遣センターのようなところに依頼して、登録されている先生のうち得意な科目や経験などで先生が選ばれ、その依頼した家庭に派遣されていくるというものです。
依頼した側としては、業者が入っている分、先生のレベルが一定以上だろうと安心できるのはいい点かもしれません。
もう一つの方法が個人契約という方法です。
これは登録センターのようなところが間に入らないもので、掲示板等の張り紙や口コミ等からよさそうな先生を見つけ、連絡を直接とって個人契約するという方法です。
間に業者が入らない分報酬は安くなる可能性がありますが、経験や教え方などについては雇ってみないことにはわからないという面があるでしょう。

pickup

医療脱毛でワキを整える

2018/8/22 更新

▲トップへ